トップページ | ちゃりんこ泥棒の日・その2 »

2004年10月 5日 (火)

ちゃりんこ泥棒の日

娘から「自転車とられちゃった!」と電話が入りました
晩御飯の仕度が終わって、そろそろ皆帰ってくる時間
「帰れないよー! 迎えに来て」
というので、車を出しました

「どこに止めといたのよ」
「学校の自転車置き場・・・」
「鍵はどうしたの?」
「いつもかけてるのよ!今日に限って忘れたの!」
「探したの?」
「友達も手伝ってくれて探したー。あたし騒いじゃったから・・・;」
「・・・交番いこか」

風が強く吹いていましたが月のきれいな晩でした
お月見が目的で歩くのだったら、心も弾んだのでしょうに・・・

交番に到着。扉を開けようとしたのですが動きません
鍵がかかっているみたい
「どうしよう」
「掲示板に何か書いてあるよ」
「夜間はインターホンをお使いくださいって」
恐る恐るボタンを押すと、すぐにおまわりさんが扉を開けてくださいました
事情をお話しして、盗難の手続きをしていただきました

物腰が穏やかで、とても親切なおまわりさんでした。
娘が盗難の状況を説明したり書類を書いたりしている間
付き添いの私は暇。
交番の中が珍しく、持ち前の好奇心が頭をもたげます
落ち着かなくて、あたりをきょろきょろ。
掲示板に書いてある文字が良く見えないので
傍へいって読んでもいいかしら?などと考えていましたら
さすがにおまわりさん、鋭い視線を「サッ」と投げてきました
こんなにそわそわしているのは大人げないと思われた?(というより不審者と?)
以後、娘が書類を書き終えるまでじっと我慢しておとなしく座っておりました

用事が終わり交番から出てきて緊張が緩んだとたん、
お腹が空いていたことに気がつきました
・・・ぐ~~~・・・
「寒いねぇ お腹へってるとよけいに」
「早く帰ろう、切なくなるよ」
「晩御飯の仕度できてるのが救いだよ」
ご飯を食べることだけを考えながら家路を急ぎました

「たっだいま~ あれお兄ちゃん帰ってた おとうさんも」
「お帰り 飯用意してあったから食べたよ」
「食べたのはいいけどさ・・・ずいぶんきれいに食べたのね」
「うん、残すと困るって言うと思って頑張ってたべた」

この後、母と娘は
《今日からダイエットを始める》《心を癒すため菓子パンとお菓子を頬張る》
以上二つのうちのどちらかを選ばなければなりませんでしたが



コレを機会にダイエットすればよかったんだよねぇ~

トップページ | ちゃりんこ泥棒の日・その2 »

コメント

☆ココログ開設おめでとうございます☆
コメントしていいのかどうか迷いましたが

「言葉の花束」としてお送りしました

「ちゃりんこ」見つかると良いですね

琥珀さん、早々のコメントありがとうございますm(_ _)m

「ちゃりんこ」実はこの後が大変だったのですよ(笑)
後日談いずれ時間を見つけて記事にいたしますね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちゃりんこ泥棒の日:

トップページ | ちゃりんこ泥棒の日・その2 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

読ませていただいてます