« あさ | トップページ | 重たい »

2005年6月 1日 (水)

雄藪虱

_733
草薮にはいったら、いつの間にか服にびっしり草の実が付いてました。
実の正体はこれ

_731

虱のように取り付いてくるから藪虱
納得のネーミング

_721

花はこんなに、かわいらしいのに・・・名前は 虱(しらみ) あんまりだわよね;

_691

白くて、この大きさだと、やっぱり 虱 で納得かな


飛孤爺さんのblogで教えていただかなければ、名前も知らない草でした。
トラックバックさせていただきますm(_ _)m

・・・もう少し、写真が上手に取れるようになればいいんだけどなぁ、私

« あさ | トップページ | 重たい »

コメント

藪虱、おもしろい名前ですね。キレイなピンク色だしね、
どちらもかわいらしいのに「虱」とは、切ないな~。
そういえば、ちょうど娘の通う保育園で「頭虱」が流行していましたよ。

ウチの子の通う学校でもプールが始まるので「頭虱注意報」が流れました。坊主頭にしてしまえば良いんですけど、長い髪にこだわる子は駆除が大変みたいです。

植物の話に戻りますが、手持ちの植物辞典でみると白い小さな花を咲かせるものには虱とか蚤という名前を付けられているものが他にも多数あるんですね。
身近な寄生虫だったってことなんでしょうね

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雄藪虱:

« あさ | トップページ | 重たい »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

読ませていただいてます