« 手術当日 | トップページ | 術後二日目 »

2010年8月26日 (木)

術後一日目

目が覚めると朝の8:00を過ぎていた。
看護師さんが熱いタオルで体を拭いてくれた。
紙おむつらしいものを外されて初めてそんなものを身につけていたことに気づく。
持参した下着を着けてもらう。術後は出血があるからとパットも装着
汗でべとべとのOP衣からパジャマに着替えさせてもらう。
顔を拭くタオルを手渡されて自分で拭く、腕が重い

体を起してもらって、お茶を手渡され、静かに飲む。
お茶を飲み終わり、体を少し倒したいがベッドを動かすボタンにも
ナースコールにも手が届かない。かなりがっかりする
おしっこの管じゃまだなぁ、早く抜いてくれないかな。歩きたいな

じきに看護師さんが来てくれて体が横になれるようベッドを倒してくれた

回復室から病室にベッドのまま移動

長女がニコニコしながらやってきた。
「昨夜は泣かしてごめんね」
気になっていたのですぐに謝った。

のどが渇いてしょうがないのでマスクをする
検温にきた看護師さんにのどの渇きを訴えると
「お水飲んでいいのよ。だって、今朝お茶飲んだでしょ」
さっそく娘にお茶を買ってきてもらって飲む。おいしい

夫とおばが来てくれた。少し話をするが疲れる

昼食におかゆが出た。一口食べると元気が湧いてくるような感じがした。
美味しいのだけれど、すぐに満腹になってしまい半分くらいしか食べられなかった
痛みが出てきたので座薬を入れてもらう。

主治医の先生が様子を見に来てくれたので手術のお礼を言う。

手術は何の問題もなく予定通り無事に終わったそうだ

傷口が気になったのでパジャマをまくりあげてみてみる
真っ赤な傷が縦方向に15cmくらいあるように見える。おへその3cmほど下から恥骨のあたりまであるよね
ホッチキスのでっかい針みたいなので傷を止めてあるのが透明なフィルムの下に透けて見える
お腹が妙にでこぼこして見える。腫れているのかな。

午後になっておしっこの管を抜いてもらった。
最初の自力歩行でのトイレは看護師さんと一緒。
歩くのが大丈夫そうだったので、次から一人でトイレに行って良いと言われた
しばらくおしっこの量を測るから、流さずに採っておくように言われ
コップとビニール袋を示された。コップで採尿してビニール袋に溜めておくのだ
ビニール袋にはメモリがついている

夕方点滴がいったん終了
針は刺さったままだけど、ずいぶんと楽になった。
夕食は食堂に行って食べた。
ほかの患者さんと話がしたかったんだけど、ものすごく疲れた。
「冷や汗かいてるじゃないの。あなた大丈夫じゃないよ」
と手術の先輩患者さんに心配をかけてしまった。
術後って尋常じゃないほど体力なくってしまうんだな。
痛みを感じて痛み止めを飲む。

-術後二日目へ-

« 手術当日 | トップページ | 術後二日目 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ
フォト

読ませていただいてます